This page is for members of Amazing Arts.

Joffreyshort201804260503

ジョフリー短期訪問2018 参加者の皆様へ 4.13更新

おはようございます!
この度は、ジョフリー短期訪問にご参加申込ありがとうございます!
皆様からご質問を頂いている件、またアメージングアーツからのお願いをまとめてご案内しますので、必ずご熟読下さい。
このページに情報更新をする場合がございます。その際は、右上の更新日を変更しますので、時々御覧ください。
また、ご出発の2週間から10日前頃に、出発の際の集合場所や場所、必要書類を添付ファイルとともにお送りする予定です。ご注意下さい。

※4/13、16:40更新しました

重要:出発案内(4/13更新)

  • 4/12にAグループの皆様へ、添付ファイル付の「出発案内」のメールを送信しました。
    至急ご確認の上、受信のお返事をお願いします。受信されていない方はお申し出下さい。
  • Bグループの皆様へは4/14に、「出発案内」のメールをお送りします。
    今暫くお待ち下さい。

ご質問への回答をアップします。(4/11更新)

  • プライベートバリエーション指導申込の締め切りを設けます。
    A,Bともに4/15(日)までにお知らせ下さい。
    1) エントリー番号
    2)氏名
    3)演目名(スワニルダ一幕、など)
    4)希望回数(多くてもお1人2回です。)
    ヴァリエーション指導費用は80~100ドルですが、正確な金額は現地でご案内します。2回が上限となりますので、2回希望される方はドルの現金200ドルをご持参下さい。
    1回ごとに別の演目でもかまいませんが、1回目に指導されたことを2回目で確認するということもできますので、ご考慮下さい。
  • 授業料
    授業料は現在学校に確認しております。追加のレッスンを設けていただくなど調整中ですが、支払い方法も含めてこれからメールする出発案内に記載しますのでご参照下さい。
    授業料、プライベート指導費用ともに、ツアー代金の請求書には含まれておりませんのでご注意下さい。
  • キャラクターダンスについて
    年齢に関係なく、キャラクターダンスクラスはある予定です。
    かかとを踏み鳴らす踊りがあるので、バレエシューズですと痛くなってしまうかもしれません。ジャズシューズとの兼用でも良いので、少しかかとがあるといいと思います。
    スカートは黒いシフォンの巻きスカートでもOKです。スカートを持って踊ることがあるので、膝丈ぐらいが理想です。
  • ブログ
    すでに催行済のツアーのブログはご覧いただくことはできません。
    今回の短期のブログのリンク、パスワードは、出発案内に記載します。
    プライバシーの保護のため、リンクやパスワードは参加者のご家族、先生のみで御覧ください。
    また、ブログに掲載された写真や、文章の転載、SNSなどへの掲載はご遠慮ください。

以上、4/11 10:45更新

パスポート(旅券・Passport)

海外旅行をする際になくてはならないものです。
生徒さんの年齢にかかわらず、日本出国から帰国まで、絶対になくさないように管理するようにしてください。また、必ず機内持ち込み手荷物(飛行機に持って入る荷物)に入れるようにしてください。
現地では部屋にセーフティボックス(金庫)を利用して保管します。
万が一紛失したときのために、パスポートの写真のページをコピーしてご本人がパスポートとは別のところに一枚保管しておいて下さい。シカゴ滞在中に紛失した場合は、再発給までアメリカを出国することができません。ご注意下さい。

Eticket

トラベルサポート空の西木さんから、A,Bそれぞれの日程の航空券引換券「Eticket」がメールされていると思います。
お名前のスペル(つづり)がパスポート通りであること、日本発着の日にちが正しいことをご確認下さい。
このEticketには大切な情報が書かれています。必ず生徒さんが持参して、機内持ち込み手荷物(飛行機に持って入る荷物)に入れるようにしてください。

ESTA

ESTA(エスタ)とはアメリカ合衆国に入国するための許可のようなものです。通称、VISA免除プログラムと言われ、VISAではありません。
アメリカにビザ無しで90日以内の旅行(Tourist)又は商用(Business Visitor)を目的に渡航する人が申請します。
ESTAを利用してアメリカへ渡航出来るのは日本人を含め、一部の旅券保持者(Visa Waiver Program対象者)のみです。対象国籍以外の方はビザ申請が必要です。
西木さんに手続きを依頼する方はお早めにお願いします(有料)。
またご自身で手続きをされる場合は、必ず出発の72時間前までに登録をして下さい。
飛行機にチェックインする際にESTA登録に不備があった場合、飛行機に乗ることができません。十分にご注意下さい。

VISAをお持ちの方

これまでにアメリカ渡航の際にビザを取得したことがある方(特に学生ビザ)、また、今回、ビザを取得された方、必ずお申し出下さい。また、ビザのページをコピーして、アメージングアーツにお送り下さい。

成田空港へ、成田空港からの移動

成田空港までは保護者様もしくは保護者に成り代わる方のお見送り、お出迎えをお願いします。特に15歳未満の生徒さんはお願いします。m(__)m
今回、参加人数が大変多いため、スタッフも集合時、解散時の対応に多くの注意を向けなくてはなりません。お一人でも遅れたり、トラブルが無いようにご協力をお願いします。

  • 成田空港(もしくは羽田空港)向かう電車やバスに乗れなかった。次の電車まで20分ありそれも満席で乗れなかったために、集合時間に間に合わなかった。
  • 集合場所を間違えてしまった。
    LINEやおしゃべりに夢中になっていて、スタッフからの電話に気づかなかった。お母さんからの電話も気づかず、スタッフが探し回って見つけた。
  • 出発日、到着日の天候の悪化でその日のうちに飛び立つことができない、または、成田空港や羽田空港から先の交通機関の問題で帰宅ができず、途中で宿泊を余儀なくされたが、15歳になっていないため宿泊ができない。
  • 帰国時、日本円を全く持っていなくてバスの運賃が払えなかった。

一部事例をあげましたが、これらのトラブルが発生する可能性をご考慮下さい。
お見送り、お出迎えがあれば安心です。必ず何らかの方法で出発・帰着のご対応をお願い致します。

旅行傷害保険

旅行傷害保険は必ずかけてください。
かけない場合は参加をお断りする場合がございます。特にアメリカの場合は、ちょとした診察でも数百ドルの費用を請求されます。
空港でかけるいわゆる簡易のものは、年令によって加入できるプランに制限があるようです。予めご自宅を出る前の加入をお勧めします。
クレジットカード付帯の保証の場合は、英文で契約内容がわかるものをご用意下さい。国民健康保険は適用しません。

これまでの事例:捻挫をして緊急診察ができるクリニックへ。問診とレントゲンで300ドル、処方箋が必要な痛み止めが280ドルなどが実費で請求された。

なにもないことがベストですが、安心して旅をするためにも保険の加入をお願い致します。

ホテルの生活

学校から徒歩10分弱のThe Comfort Suitesに宿泊します。
Comfort Suites Michigan Avenue
320 North Michigan Avenue
Chicago Loop,Chicago,IL 60601
U.S.A.

  • 一部屋2〜3名での利用です。
  • お部屋はアパートタイプ。キッチン、洗濯機、乾燥機、電子レンジなどが備え付けてあるお部屋です。基本的にお料理はご遠慮頂きますが、電子レンジがあるので、「サトウのごはん」のようなものは温めることができます。
  • 朝食はビュッフェスタイルでいただくことができ、宿泊費に含まれます。
  • 洗濯洗剤はホテルは部屋ごとに用意してくれる場合があるのですが、ご自身でお持ちいただいても結構です。
  • その他のアメニティ
    テレビ、コーヒーメーカー、お皿やカップ、フォーク、スプーン、ナイフなどの食器一式、電子レンジ、冷蔵庫、Wi-Fi(無料)、金庫、シャンプー、コンディショナー、ソープ、(ご自分で持っていく方の方が多いです。)タオル、シーツ(タオルは必要に応じて取り替えてくれますが、シーツは通常、3〜4日同じもののようです。)
    ※歯ブラシ、歯磨き粉、パジャマ的なものなど、日本のホテルにあるアメニティはありません。

ドルの現金

朝食以外の食費は実費となります。
昼食は学校のスケジュール都合でとりますが、朝の登校前にスーパーで購入して休み時間に食べることになると思います。
夕食は人数が多いので外食は難しく、ケータリングやホテルへの配達などを検討しています。
昼10ドル、夜20〜30ドル程度を予定しておいて下さい。
また、商品についた値段に消費税が加わります。10.25%か8.25%、加工されていない食品にかかる消費税はまた異なりますが、概ね、値札の10%増しと考えて下さい。
外食した場合は、税金とチップ(15%~20%)が加算されます。
生徒さんには現地でご案内しますが、時々、値札だけを見て購入してしまい、後から金額が違うことに驚いている生徒さんがいらっしゃいますので、保護者様からもご説明をお願いします。
食費以外のお小遣い、お土産代は、ご相談の上お持ち下さい。ATMで現金を引き出すために保護者様のカードを利用する場合は、暗証番号をお持たせ下さい。
尚、付き添いスタッフはお小遣いなどの現金をお預かりすることはありません。どうぞ、御理解の上、持参する金額をご用意下さい。

※お土産やお小遣いを残すために食費を最小限にしようとする生徒さんがまれにいらっしゃいます。きちんと食べることはとても大切です。また、お菓子や甘い飲み物は、日本のものよりも糖分が多く含まれていることが多いです。普段、日本で食べていないものに興味を持たれるのは良くあることですが、食べ過ぎや飲み過ぎ、またはその逆が見られる場合はスタッフが助言させていただくことがあります。
また、食物アレルギー、虫刺されなど、重篤な症状が出るアレルギーをお持ちの生徒さんは、必ず事前にご連絡下さい。

スマートフォン利用

スマートフォンや携帯電話の利用方法、使う時間(頻度)などは出発前に必ず約束事をしておいてください。
連絡用にLINEグループを作りますが、利用は強制ではありません。LINEが無い生徒さんには同室や同じクラスの生徒さんから連絡をしてもらったり、ミーティングを行ったりして伝達をしています。
また、滞在期間中は極力メモ用紙にメモをとってもらうようにお願いしています。
スマートフォン利用に夢中になったり、時差があるご家族や日本のお友達との連絡をするために、寝ているべき時間に寝ていなかったり、ひいてはルームメイトに迷惑をかけてしまうという事例があります。バレエのレッスンが目的ですので、しっかりと休む時は休むことが大切です。是非、ご家族からもご指導をお願い致します。

LINEを含むSNS利用のマナー

LINEはスタッフと生徒さんの連絡用に利用します。
期間中に参加者同士がお友達になって、それぞれがLINEやそれ以外のSNSでも繋がって連絡を取ることがあります。生徒さん同士でのやりとりにをスタッフは監視ができません。お互いが嫌な気持ちにならないよう、使い方のマナーを守るようご指導下さい。
また、学校内で撮影された写真をSNS(LINE, Facebook, Instagram, Twitterなど)に投稿することはご遠慮ください。

Wi-Fi

Wi-Fiはホテル内で無料で利用可能ですが、学校では利用できません。レンタルWi-Fiをお持になる場合は、生徒さんが利用方法を理解し、機械そのものの管理ができるようにお願いします。

空き時間の利用

レッスンの合間の時間を利用して、シカゴの街にお買い物に出かけたりすることがあります。
お土産を購入したり、お昼ご飯を買ったりなどです。
シカゴは美術館や博物館など、アカデミックな観光スポットはありますが、皆さんが興味を持たれない場合は特に観光の時間を作ることはありません。また参加人数が多いため、団体行動にご協力いただくことをお願い致します。
また、日本の学校から宿題がでている場合などは、その時間を利用してお勉強をしてもらうこともできます。待つこともありますが、それも勉強の一部と思っていただければ幸いです。

子供を保護する法律

アメリカ合衆国では州ごとに未成年(主に就学中の児童生徒とみなされる年齢)の保護者責任に厳しい法律があります。その為、生徒さんだけでホテルに残したり、街を歩かせたりということはできません。
15歳以上になっている生徒さんでも、なるべく付き添いとともに行動していただくようにしております。
体調を崩してホテルに残る場合などは、付き添いスタッフを一人残す必要があるなど、全体の行動に影響が出る可能性もあります。
どうぞ、皆さんの健康管理には出発前から十分ご留意下さい。

バレエ鑑賞

Aグループ、Bグループともに、ジョフリーバレエ団の舞台鑑賞を予定しております。詳細は出発案内でご案内します。

バレエ関係の持ち物

  • 女性:レオタード(特に色指定はありませんが、シンプルなキャミソール型が望ましいです。)、ピンクタイツ、バレエシューズ、ポワントシューズ、コンテンポラリーやジャズの際に履くスパッツなどのオーバーパンツ(黒)素足になれるように、コンバーチブルタイプのタイツがあると便利です。
    ジャズシューズ(無い方はバレエシューズでもOK。ジャズスニーカーはNG)
    キャラクターダンス用のスカートとシューズ。スカートは膝丈の黒シフォン巻きスカートでもOKです。
  • 男性:通常のレッスンと同様の用意をしてください。タイツ・フィットするTシャツ・黒または白のシューズ、ジャズシューズ(キャラクターダンスの際に履けるようにかかとがあるシューズをご用意ください。)
  • ゼッケン「NAOMI」「MIWA」 などお名前を書いてご準備ください。
    安全ピンを忘れずに。
    その他、レッスンに持参するタオル、ウォームアップ用意類は、ご自分の使いやすいものをお持ちください。
    持ち物全てに名前を書いてください。紛失、盗難防止に役立ちます。

    ※消臭スプレー、マツヤニスプレー、ヘアスプレーなど、ガスを利用したスプレー缶の一部は、飛行機に乗せることができません。スーツケースにも入れられないものがありますので、なるべく持っていかないようにしてください。どうしても持って行きたい場合は、ご自分で旅行会社か航空会社に問い合わせるようにしてください。

ヴァリエーション指導(希望者のみ)

個人ヴァリエーション指導がある場合に使えるようにCDを準備してください。
CDの板に直接ローマ字で氏名と作品名を書いておいてください。

指導を希望される方は、メールでご連絡下さい。
amazingartsjoffreytour@gmail.com

1) エントリー番号
2)氏名
3)演目名(スワニルダ一幕、など)
4)希望回数(多くてもお1人2回です。)

ヴァリエーション指導費用は80~100ドルですが、正確な金額は現地でご案内します。

尚、出発当日の集合場所、時間、その他の情報は、必要書類とともに出発の2週間から10日程度前に改めてメールでご案内します。提出していただく書類を添付ファイルにて付けて送りますので、ご注意下さい。

以上、長くなりましたが、ご熟読いただきますよう、よろしくお願いいたします。
ご質問ありましたらまずはメールでご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。

アメージングアーツ
スタッフ一同

a:737 t:3 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional